読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり原点。

本日、『関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ』に参戦して参りました。


ご存知の通り、最近は関ジャニ∞一筋では無く、関西ジャニーズJrを応援させて頂いていましたので、エイトから離れている時間が正直多かったです。
要はちょっと冷めかけてました。
心のどこかで、「このリサイタルが終わったら降りようかな」とも考えていたりしました。
スタトロ無いって言うし。
だから、全力で楽しめるかどうか、結構不安でした。

でもエイトは、その気持ちを無かったことのようにライブをしてくれました。
ダンスに見とれる、随所随所で笑かす、バンド演奏でさらに盛り上げる!
まさにこれが4年半前、わたしが関ジャニ∞に惚れた理由でした。
ただのジャニーズじゃないんだぞ!という気持ちがどこのグループよりも強いところが好きなんです。
こんな最高で最強の関ジャニ∞のファンをやめられる訳がなかった。
今日のライブたった2時間半でわたしの気持ちを押し曲げてきたヤツらはやっぱり罪でしたね......完敗。


今回のリサイタルは、初めてセトリを見ないで参戦しました。
毎年のツアーはアルバムを引っさげて回るので大体読めるんですが、リサイタルは昔の曲だったり先輩の曲を歌うので、「ここでそれ来るかぁあ!!」というすごく幸せな気分になれました。(笑)


今回場所はさいたまスーパーアリーナ
いつもより交通費上乗せでお財布は泣いていますが、行って良かったです。
「ありがとうな〜!」
と言っているメンバーに「ありがとうー!!」と自然と叫んでいる自分は相当関ジャニ∞が好きなんだなと改めて実感しました(笑)
ステージは遠いしやすだくん(自担)は全然こっちに来なかったけど、すごく楽しかったです。
それに、エイターってとっても温かいんです。
開演前の会場内ではエイトの曲がカラオケで流れてて、それを口ずさみ、今回の奇抜な黄色のペンライトを振って開演を待つんですが。
がむしゃら行進曲が流れたときにみなさんペンライトを持って踊られるので、会場全体の黄色が一斉に動いてすごく綺麗なんです。
一曲終わった後会場では拍手が起きまして!(笑)
エイトが出てくる前にエイターはひとつになってました。
このとき、「このエイターはみんなエイトが大好きなんだなぁ」エイターで良かった。エイトに感謝だなって思いました。
見ず知らずの人間にひとつ大きな共通点があるだけで仲間になれるって本当に素晴らしいことですよね。

たかがジャニーズかもしれないけどされどジャニーズだぞ!(大声)

ちなみに、憧れの先輩に関ジャニ∞メンバーを挙げている人が多いFunky8ちゃんには、関ジャニ∞先輩のように、ライブを通して惚れさせるようなグループに成長してほしいですね〜。(早く公式に名前付け〜!!)(anotherがんばれ〜!!)

帰りのバスの中で書いたのですごく文章グッチャグチャですいません(_ _)
窓からの景色を眺めながらひとりで考え込みました。
すごく楽しい1日でした!

" 俺達が 最高で 最強の関ジャニ∞ "

広告を非表示にする

何故わたしが関西を応援するのか

こんにちわこんばんわ( ˇ-ˇ )
ブログなんて...書くのは何年ぶりでしょうか。
あの頃はクソガキでしたよ、ほんとに。




さて、
どうしてこんな中途半端な時期にブログを書こうと思ったのか。
うーん、なんか書いてみたかった!
とにかく、この気持ちを文字にしておきたかったんです。




何故わたしが関西を応援するのか。


わたしのジャニヲタが始まったのは
4年前の冬、関ジャニ∞は8周年で
紅白に初めて出場していたあの頃です。
きっかけは、姉と一緒にその紅白を
見たからです。気づいたらやすだくんを追いかけてました。

遂に"eighter" となり、何かを始めたいと思った私は、アメーバブログを開設しました。
小学生ながらに、どうしたら沢山の人からコメントを貰えるのかと必死に考えていたのを良く覚えています。
そのとき、"eighter"という共通点を持つ仲間に出逢えました。

わたしにとって関ジャニ∞とは、
生きる意味と相手を思いやることを教えてくれた、大切な友達に出逢わせてくれた、私の原点です。
本当に本当に本当に、心の底から
関ジャニ∞が大好きです。
こんなこと言って純粋とか思われたら嫌なんですが、一生eighterで居ます。これだけは断言できます。

と、思っているわたしですが、
今ではもう1つ応援しているグループがあります。

”Funky8”

Funky8とは、関西ジャニーズJrに所属する8人で組まれた自称のグループです。実はまだ公式には付いていないんです。(勝手に呼び続けることでいつかは名前が付くとみんなが信じています)



2015年5月、ジャニーズWEST 1stコンサート パリピポ に行かせて頂きました。
当時は、ジャニーズWESTのみなさんの顔と名前、多分一致してませんでした。ゴメンナサイ。
でも、せっかくのライブを楽しみたいという一心で、登校中も、歯を磨くときも、肌身離さずウォークマンを持ち歩いてはジャニストの曲を聴いていました。
アメブロで知り合った友達がジャニスト担ということもあり、C&Rはこんなんで、この曲のあれはこうで...... と、わたしをジャニスト沼に引きずり込むように色々なことを教えてくれました。

ライブ当日、始まる直前まで
「わたしはこのライブを楽しめるんだろうか。」
とすごく不安だったのをよーーーく覚えています。
始まってからは、セトリを事前に予習しておいたおかげで、あっという間に終わってしまいました。
最近そのライブのDVDを見たのですが、
【まっっっったく覚えてない】
はい、そうなんです。
楽しかったんでしょうけど、全然覚えてないんですね。
やだ〜更年期かしら。
まあ、ちょっと遠い席だったっていうのもあるかもしれないですね。

ライブから帰ってきてから、やっと顔と名前も一致して、ジャニーズWEST沼にしっかりとハマることに......
そして、ここでようやく重岡大毅くんの虜になりました。
今までエイトの曲しか聴いてこなかったので、「ジャニーズWEST」というグループが私にとってあまりに新鮮で、あまりにカッコ良かったんです。

この人たちは、関西ジャニーズJrだったんだ!というところから始まりました。
ジャニストがエイトのバックに付いていたこともあり、関西ジャニーズJr という存在は知ってはいましたが、関ジャニ∞(オッサン)しか見てこなかった私には、若い子は未知の世界でした。


ある日のまいど!ジャーニー。
その回は丁度、関西Jrの中でのNo.1を決めるやつで、1人ずつ自分なりの男前な部分を見せていくのですが、ある人が言ったことば。


「 好きやで♡(ウインク)」



明らかに関西弁とウインクに弱いクソヲタ。
落ちますよこりゃ。一目惚れってやつ。
文字ズラでは絶対伝わらないのでYouTubeで検索してみてください。

その日に私は初めて”林真鳥”という存在を知りました。

徐々に関西ジャニーズJrを知っていく中で、待ちに待った1月のジャニストツアー ラキセ魂。
なんの躊躇いもなく私は重岡大毅くんの団扇を持ちライブに行きました。
でも、ライブ中私が目で追っていたのは、重岡大毅くんでは無く林真鳥くんでした。
重岡くんの団扇を持っているのに、真鳥くんこっち来ないかなってずっと思ってたんです。
ライブの帰り道、私はすごくモヤモヤしていました。

これで良いのだろうか?
周りの人はこれをどう思うんだろうか?

自分が掛け持ちだというのを自覚し始めた頃も、私は周りの目をとても気にしていました。
というか、掛け持ちってなんか言い方良くないですよね。響きが。
でも、そのとき「気にすること無いよ」と友達が言ってくれたのをきっかけに、好きになった人たちを、素直に応援していくことに決めたんです。


ジャニーズWESTは、すごく人気があるグループです。
嵐學の助手をやってたり、番組を持ってたり。
人気は上がっていく一方なのは、私にも分かります。

だから、
ジャニストは、私が精力を注いで貢がなくても、でかくなれるんです。
いつの間にかドーム埋めてるんじゃないか、そんな雰囲気を醸し出すジャニーズWESTは私の気持ちを動かしました。

『私が応援したいのは、重岡大毅くんじゃなくてFunky8だ。』




そう気付いてから、重岡担を名乗るのを辞めました。
私は、やすだくんとまとりくんが好きで、関西ジャニーズを応援したい。
と。

私が最近Funky8のことを連呼するのは、このような理由です。
うるさくてごめんなさい。分かりづらくてごめんなさい。

絶対に彼らをCDデビューさせたいんです。
彼らにもっと力を発揮して欲しいから、私は応援し続けます!


という訳で、長くなりましたが、
ここまで読んで頂きありがとうございました(^_^)
何が言いたかったのかというと、
私にも分かりません!
私の拙い文章で、不快な気持ちにさせてしまったら申し訳ございません。
でも、全部本音です。
Funky8をもっと知って欲しいので、
今度Funky8特集記事でも書きますね。
どうもありがとうございました(^_^)




私が沸く理由は大体が髪型です。
今のやすだくんの髪の毛は△、
真鳥くんは◎なので沸きます。
こんなソフトな基準なのでスルーしてください。ごめんなさい。