しばらく…

こんばんは!

学園祭の準備で1日の半分を学校で過ごす毎日です、、、あぁー高校生になったんだなぁとしみじみ( ; ; )

 

 

いやいやね、ずっとブログ書きたかったんですよ、でもなんか文章にするのも難しい感情でね?自分でもなんて言いたいのか分からなかったんですよ。

でも、雑誌を読んでスッと整理ができたので書いておきます。

 

 

 

 

 

 

何回も言うけど、わたしはFunky8がすきです。

もっと8人に目立ってほしいしテレビにも出してあげたい。

でも、それがなかなか叶わない現状があります。それくらいわたしにだって分かる。

 

少年たちの公演が決まった時。わたしはテスト勉強の為に図書館にいました。バーーッとツイッターをスクロールしていたらその情報がどんと目に入ってきて声にならない悲鳴をあげました。速攻愛方と姉にラインをし、情報局に入らせ3名義で闘う準備をしていました。

 

勿論、居る前提で。

 

 

なのに、ポスターが出てみたら急変。

 

まとくんがいない

 

 

いやいや、自担の居ない夏の現場とかありえる??え???とかなんとかぶつぶつ。言わないことにはこの気持ちが晴れなかった。

結局チケットを手にすることができなかったわたしは、事の発端を遡ってみた。

 

なんで居ないの???

 

 

という事だ。どこを探しても4人しかいない。

何、事務所は8人が嫌いなんですかね……わたしはそうとしか考えられなかった。

だって、ファンは居る。知られてない訳じゃない寧ろ、急上昇真っ只中だ。

のにも関わらず8人の括りで売り出して貰えない。嫌われてる?

 

いやまってよ事務所に好かれる嫌われるってなに???なんでそんな事で悩まなきゃいけないんだ……と、この一連の流れを考えると苦しくなって、自然と8人のことを考えないようになりました。

 

(もうこうなったらとことん浮気してやる!と意気込んだわたしは、春から気になっていた東京Jr.の沼に入り込みココロを癒してもらっておる。)

 

別に避けてた訳じゃなくて、気分が向かなかったと思うんだけど、彼らが8人で居る姿を見てしまうとこれからの期待が大きくなってしまって、その願いが叶わない現実にまた悲しくなる。

 

 

テレナビを読むまではそう思ってました。

 

でも、8人がそんな不安を微塵も見せずに、前向きに捉えてこれからのことを話してて、スーッとモヤモヤが消えていきました。なんてかっこいいんだ彼らは。

 

でもね、ひとつだけ、

時々、〇〇くんが幸せだったらそれでいい!

というファンの方を見かけるんです。

 

 

わたしはね?

まとくんが幸せでも、8人のなかにいて幸せじゃなきゃ、意味ないんです………

 

 

8人といるまとくんが大好きだし、8人がつくるダンスが世界でいちばんかっこいい。

 

 

 

だから、8人で居て欲しい。

霞かかってた未来が、少しだけど見えた気がした2017年6月。夏の現場はどうなっていくかわからないけど、彼らの言葉を信じないとね。

 

広告を非表示にする