君だけにありったけ愛を捧げよう

君のその笑顔で世界だって救っていける

奇跡の連鎖

こんばんは!こんにちは!おはようございます!わたしです!みなさん待ってましたか〜?イェーイ!ありがとうございます!笑

 

やっと!高校生になって3回目のテストが終わりました。てかもう3回目かよって感じです、、1年があっという間に過ぎてった、、、

そんなこんなで(どんなこんなや)、現場記録2017を近々書きたいと思ってます☆ 現場を振りかえるのがいちばんすきなので書かせてください(笑)

 

 

さて!

 

 

今日の本題は、

 

 

ここは危険すぎるから絶対あかんって思ってた

アーティストにしっかり足突っ込んだお話をさせてください。今となってはこの出会いも必然だろうと思い始めたのでもう遅いです(誰かツッコんで)

 

 

 

そのアーティストというのは、あのグループ、その名も超特急。

 

わたしが超特急を知ったのは驚くことに中学生のときです。部活の友達が、なんや超特急っていうグループを好きになったらしく、タカシっていうカワイイ子をやたらと推していた記憶だけは残っていて、超特急といえばあの子のね!ていう印象でした。

それはつい8月までは続いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家では日曜日のリモコン権は父にあります。そんな父がみんなが揃うお昼に観るのは、アッコにおまかせという番組で、それはもうわたしが生まれる前からあった習慣なので何の違和感もなく観ていました。そうしたらある日、なんだかいつもは居ないようなイケメンが出ていて驚いて、でもどこかで見たことがあって。それが、超特急の人だと分かったんですよね。とりあえず名前知りたくて「超特急」ってググったのがはじまりです。(のちにユーキ推しとなる)

 

来たる2017年9月のこと。昔エイトを通じて知り合った友達が超特急について呟いていたところに、何を思ったかわたしは「超特急やったらユーキさんがいい!」とリプを送ったようで、そこから話は発展していき、これ見てみ?が始まりでユーチューブを漁り、ハマり、「あ、好き、、」となったところでもう結果は出ています。完璧に沼に堕ちました。

 

そして色々あってわたしはユースケ推しに落ち着きます。そこで舞い込んできた某ハロウィーンイベント。なんとなんとテーマソングがエイトだったもんで、そのイベントなんぞや!?とひとりで騒ぎを起こしておりました。そうしたらなんとそのイベントで超特急がライブをするというではないか!そのとき何故かわたしは運命を感じてしまったんですよ、「これは行くべきだ」と。

 

 

(心の声)5年前から好きだったエイトがテーマソングを歌うイベントに 今ちょっっとだけ気になってるアーティストが来る、なら行くしかなくね?(あくまでも心の声)

 

 

友達と即決で行くことに決めたハロウィーンイベント。しかしわたしは重要なことを忘れていた。そう、バイトだ…

うちの店は旧式に旧式を重ねているためシフト希望提出は1ヶ月単位で行うのです。つまり1ヶ月以内に決まった用事は予測不可能なので休みを事前に取ることができません。大体土日は入れてしまっているから、ああこれはもう終わったと絶望しながらシフトを見に行きました。そうしたらなんと、なんとタイミングの良いことに、イベントの週は「リニューアルオープンに向けて改装のため 閉店」と書いてあったのです。Oh…キタわたしの時代……!!!

と、このようになかなかの運の良さで日程を空け、最後にわたしに立ちはだかるのは、そう…チケットである…。どこのオタクも、これだけは無理やりぶち破ることのできない壁。

今回はイベントだったためFCは必要なかった為、あとは正々堂々倍率と戦うのみでした。

 

しかしチケット当落日は、わたしが自ら努力しない限りは受からない英語検定の1次試験と同じ日だったのです。勉強しなきゃしなきゃと思いつつもやらず、遂に1週間を切りやっと焦り始めた頃、これがんばったら当たると信じて猛勉強しました。

メールが来るのは18時。最後のリスニングが終わるのも18時。(どこまでシンクロすんだよ!)リスニングを解きながら、あと10分…5分…と時計を見ているくらい気になって気になって仕方ありませんでした。まだ自担でも推しでもないのに何でこんなに行きたいと思ってるんだろう、と感じた理由は後ほど分かります。(みなさんは察しましたね)

帰り道、真っ先にメールを開きました。落選でした。

 

ああもう終わった。英検かなり手ごたえあったのに何でだよ…と落ち込んでいるわたしに、もう一通のメール。それはクリパ決定のメールでした。わたしにはそれが救いの手だとしか思えませんでした。

ああもういいよわたしクリパ行くから!やっぱわたしには関西ジュニアしかいないわぁ!とか開き直っていたのも束の間、なんとわたしを沼に突き落としてくれた友達から「チケット取れたよ✌🏻」という連絡が入っていました。もうこの通知は、"超特急を好きになっていいですよ"というわたしへのお告げだと思いました。

 

冒頭で言っていた中学時代の友人がまあまあな過激派で、今わたしが超特急にハマったことを知られたら今後の関係に影響してくる、とすこし感じていました。いくら昔から仲のいい友達にオススメされたからって そう簡単にはのめり込んじゃいけないとは考えていました。でも、たった2ヶ月のこんなにポンポン話が決まってもう初現場キメたなんてハマる要素ありまくりじゃないですか!

 

それに、最近は関西ジュニアを素直に応援できない自分もいて、もう既に考えることを放棄してしまいました…(笑) 自担が干されるなんて今までもずっとそうだったはずなんだけど、現実を見るまえに違う沼に逃避するのがあまりに楽すぎて取り返しがつかなくなってしまいました!

わたしは関西ジュニアが好きだしまとりくんにもっともっとがんばって夢をみせてほしいと思ってる。だからこれからも届けられる声はありったけの力で届けたいし、わたしのお財布が許す限りで貢ぎたい!だけどさすがに寂しすぎたんだ。よく我慢したと思う、でもわたしそんなに強くないから、、 だから、ユースケくんに浮気しました!ごめんね!?好きな気持ちはずっと変わってないから!

それからこれはただの私情ですが、夏休みがおわる頃に母が亡くなりました。そんなのも束の間、学校が始まりすぐにテストだったのもあり直後はあんまり寂しくなかったのですが、テストが終わってから心におっきな穴が空いていたのに気づいて。そして超特急をよく知る2017年9月に繋がります。

要は運とタイミングです!超特急を好きになってすぐにハロウィンイベントが決まったのも、バイト先がリニューアルオープン前だったのもお陰様でチケットが取れたのも!

真鳥くんのときとはまた違う奇跡という必然でしょうか。

本当に人生なにがあるか分からない!!

絶対ハマったらあかんってあれだけ言ってたのに今もうズブズブだし、ちゃっかりクラスの子1人堕としてるし。まあでも今たのしく過ごせてるのは紛れもなくユースケくんのおかげです、ありがとうユースケくん。

 

しかもね、年明けたらFC入ろうかなとか思ってた訳ですよ。でも情報局は年末だしエイトは年明けたらすぐだから、この時期に入ったら3つじゃん…と頭を悩ませていたんです。そしたらなんかさあ!「アリツ会場に来た方限定でFC会員の皆様に!ユースケ 作詞・作曲のCDプレゼント!」みたいな!ふざけてない!?そんなの欲しいんだから入るに決まってんじゃん!!?

まんまと商法引っかかりすぎて笑っちゃうんですけどね、とりあえずわたしは会場までは行くことを決めました。

さてここでブラックゆみちゃん登場。

【せっかく会場行くんなら、ライブ見て行きたいよな!】

すると、ホワイトゆみちゃんの反撃。

【そんなお金あると思ってるの?パパさんに貯金しなさいってあれだけ言われてたじゃない!】

…結果、チケット買いました✌🏻✌🏻✌🏻✌🏻✌🏻✌🏻

ブラックゆみちゃん強し…

 

そうなんです、だからわたし、アリーナツアーぼっち乗車しちゃいます!(^。^)

チョー未知でチョー不安だけど雰囲気だけ感じであとはジャニヲタで培ったノリで乗り切ります👊🏻

 

 

 

 

なんか本当はユースケくんのステマ記事の予定だったんだけどただの記録記事になっちゃいました!現場記録2017(仮)は納めのドックファイト終わりかなーってところです!

ステマ記事は多分秒で書けるので、みんなを堕としにいきます♡