君だけにありったけ愛を捧げよう

君のその笑顔で世界だって救っていける

アイドルとファン

むずかしい話だよね、本当に。
彼らはアイドルである前に1人の人間を生きているわけで。
でも職業はアイドル。仕事を全うするのが大人だとも思ってしまう。
アイドルにはたくさんのファンがいなければ仕事が成り立たないが、ファンはアイドルに対して夢を抱く。自分の欲望をアイドルに叶えてほしいと願う。人生を賭ける。


だからアイドルには責任があると思う。
この責任はとても重い。ファンは、心の奥の奥にある黒くてドロドロな欲望をアイドルに託してしまうからだ。

でも結局、
夢を叶えてほしいとかじゃなくて、居続けてくれればそれでいい。夢を見せてくれるだけでいいんだ。
生きてくれているだけで、「わたしも頑張ろう」と思えるし、ライブに行くのを楽しみにその日まで踏ん張れたりする。

仕事と野望、どちらも捨て難い。